お問い合わせ  アクセス  サイトマップ
HOME  |   所員紹介  |  事務所案内  |  無料相談・費用  |  よくある質問  |  アクセス
相続放棄専門.com

▲ 相続放棄とは

▲ 相続放棄の効果
▲ 限定承認と単純承認
▲ 相続放棄と遺産分割の違い
▲ 相続放棄のできる期間
▲ 熟慮期間の伸長
▲ 相続放棄の申述をする
   べき人の範囲

▲ 相続放棄の取り消し、撤回
▲ 相続放棄の注意点
▲ 未成年者の相続放棄
▲ 成年後見人・被保佐人・
   被補助人の相続放棄

▲ 相続放棄と葬儀費用
▲ 相続放棄と生命保険
▲ 相続放棄と団体信用
   生命保険

▲ 相続放棄と年金
▲ 再転相続放棄とは
▲ 相続放棄をした相続人の
   相続財産管理義務

▲ 相続放棄申述受理の後に
   遺産を処分したら単純承
   認になる?


大きな地図で見る 
 
メールでのご相談はこちら メールでのご相談はこちら
メールでのご相談はこちら
当事務所は相続放棄に関して経験豊富なスタッフが数多く在籍しております。これまでに培ってきた相続放棄の業務のノウハウと実績を活かしお客様のどんなこまったにも対応できるようにしっかりサポート致します。
過去の実績
3か月経過後の相続放棄
相続ガイドブックプレゼント
相続放棄の申請手続きは、自身に相続が始まったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しなければいけません。もし、内容等に不備があり家庭裁判所に申請却下された場合は再申請を行う事は出来ず、その決定は覆すことが出来ません。つまり、申請を間違うと全ての借金を自身が背負わなければならなくなるのです。
相続放棄は原則として3ヶ月以内に申請しなければならないと規定がありますが、場合によっては期限を超えてしまっても相続放棄申請が認められることがあります。しかし、この期限の超えた相続放棄は、専門の司法書士でも避けてしまう事が多い位難しいものです。相続の専門である司法書士でさえそのような状況であるのに、まして相続に知識の少ない方が手続きを行った場合には、相続放棄の申請が通る事は稀なケースだといわざるを得ません。よって3ヶ月の期限を超えた場合は、依頼する専門家を慎重にえらばなければいけません。
 
 
相続放棄の基礎知識 相続放棄の落とし穴
あんしん相続ガイドブックプレゼント よくある質問
各種専門サイト
相続遺言専門サイト 成年後見専門サイト
   
HOME  |  所員紹介  |  事務所案内 | 無料相談  |  アクセス  |  相続放棄の基礎知識
あんしん相続ガイドブックプレゼント  | よくある質問
相続放棄専門.com 福岡県司法書士会所属(登録番号福岡第1171号)司法書士 金山稔 福岡市博多区博多駅前2丁目15番5号 駅前2丁目ビル5階
Copyrightc2013司法書士 金山国際司法書士事務所All Rights Reserved
メールでのご相談はこちら 相続放棄手続き代行サービス詳しくはこちら